Blue Holicな毎日。
海を漂いながら…、風に吹かれながら…、酒を飲みながら…、浮び沈む愚考を徒然なるままに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

時化の後

 しばらく時化が続いた後なので海も濁り気味かなと思っていたが…、
090831pm平 (59)
 悪くない。
スポンサーサイト
【2009/08/31 16:41】 シーカヤック | トラックバック(0) | コメント(0) |

97点

 今日の射手座の人は97点。
 と占いに出ていた。海は時化るし、何もいいことなんてないのに何が97点だ。と腐っていたら…。
090830(1).jpg
 97点の夕焼け。
【2009/08/30 19:59】 北国生活 | トラックバック(1) | コメント(0) |

イクラ丼

090830.jpg
 秋の味覚自家製イクラ丼。
 …秋が来ちゃった。
【2009/08/30 13:04】 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |

強風波浪

090829.jpg
 海が吼えている。
 台風も発生したそうで…好きにしてくれ。
【2009/08/29 15:20】 北国生活 | トラックバック(0) | コメント(0) |

見舞い

 久しぶりに休みを貰ったので、祖母の見舞いに行く。
 ぼくの祖母は99歳白寿だ。今年の冬に骨折して入院し、手術をした。
 術後に会いに行くと麻酔のせいで数ヶ月は声もかれて聞き取れないほど弱っていたが、見る見る回復し、今では普通に会話し、いつも土産に持って行くケーキやプリンを美味しそうに完食するようになった。
 リハビリも順調で、この調子でいくと9月中には外出許可が出るだろう。
 見舞いに行くと毎回、帰るときに「危ない事すんなよ。気を付けて帰りぃよ。」と言ってくれる。
 安全極まりない日常を生業としているわけではないので見舞いに来るたびに改めて気が引き締まる思いがする。
 見舞いに来て癒されているのは、ぼくの方かもしれない。
【2009/08/28 22:15】 北国生活 | トラックバック(0) | コメント(0) |

行きがけの駄賃

 お客さんがパドリングシューズを忘れて帰ってしまった。
 エグ・ヴィヴのパンを買いに行くといっていたので、シューズを持って届けに向かう。
 折角エグ・ヴィヴまで来たので行きがけの駄賃にパンを買って行こう。
090827.jpg
 クロワッサンは初めて食べるが、絶品。

 さて、またもや週末に掛けて天気が悪いようだが、どうなることやら。
【2009/08/27 13:34】 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |

秋味

 コンビに立ち寄るとKIRIN秋味が売っている。
 麦芽使用量1.3倍(当社費)アルコール度数6%のクリーミーなビール。ハッキリ言ってドストライクだ。
 「お試しあれ。」と冷蔵ケースの中から声がする。
 「だが、断る。」コレを飲んでしまうと秋が来たのを認めてしまうと同じじゃないか。

 も、もうちょっと、我慢しよう。
【2009/08/26 19:57】 酔いどれ通信 | トラックバック(0) | コメント(4) |

トコロテン納豆

 6月下旬の暑い日に買ったトコロテンが冷蔵庫の中で忘れられていた。
 今日は久しぶりにツアーも出来たし、暖かな日差しがさしたので冷蔵庫から出して食べようとするが、少し冒険をしてみたくなって納豆を加えてみた。
 しっかりかき混ぜ粘り気を出した納豆にトコロテンと付属のタレ、練からしを加え食す。
 なまらうめぇ~!!!イカ納豆に勝るとも劣らないコラボだ。画像は、見た目の悪さにアップしないけどお勧め。

 それとも、空腹という調味料が絶大なサジ加減だったのかな?
【2009/08/25 18:05】 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |

送別会

 今日も今日とて強風波浪注意報の中ツアーはオール・クローズ、トホホな週末を迎える。

 今日で最後になる研修生は波の中サーフィンして遊んでいる。随分上手くなったものだ。
090823 (1)
090823.jpg
 飛び入り参加も含め9名での送別会。
 どうせ、明日もクローズだ。ガンガン飲んでやる。
【2009/08/23 19:49】 北国生活 | トラックバック(0) | コメント(2) |

海と酒と低気圧

 ノロノロと動きの遅い低気圧が北海道を覆っている。
 今日は結局全てのツアーが中止となった。
 天気図とにらめっこしていても低気圧の動きが早くなるわけでもない。このままでは土日もツアーが中止になってしまう。今年になって何度目の週末が潰れることになるのだろう。
 海で溺れる事はないが、酒に溺れてしまいそうでコワイ…。
【2009/08/21 20:28】 北国生活 | トラックバック(0) | コメント(0) |

知床航海日誌1997 その七

 オバカな会話もそこそこに腹が減ったので、夕食にする事にした。きょうの夕食は、知床風トマトシチューに、ハムを焼いた。ぼくらが食べ始めようかとしたところ、またまた違う漁師のおっちゃんが、「オメラ、何食ってんのよ。」とのぞきに来た。

 「おー、うまそうなもん喰ってんでねーか。オメラ、カレイがあっども喰わねが。」
 「頂きます。」ぼくらは、ハモリながら間髪いれずに答えた。もらえるものは何でももらう、これが、Blue Holicの基本方針だ。特に、食い物に関しては、相手の気が変わる前に即答しなければいけない。ぼくらを殺すに刃物はいらぬ。毒の一つも盛れば良い。

 おっちゃんに手招きされるがまま番屋に入っていくと中は意外と明るく、ゆっくりとくつろげるスペースが多いことに驚いた。たぶん漁師さんの奥さんだろうおばちゃんが作ってくれたカレイの煮付けと、干物をくれた。これが、またべらぼうにうまい。生姜がよく効いていて、肉厚で、たぶん街中で食べると、しょっぱいくらいの味付けなんだろうけど、疲れた体には、その塩分が優しく染みた。

 初夏とはいえ、日の落ちた知床は結構寒い。焚き火の炎が心地よく実に酒がうまい。
 心地よく酒が回り、今日出来た手の豆がジンジンと、病んできた(北海道弁で痛いという意味)がそれすらもまた心地よく感じる。今、ぼくの回り全てが知床なんだなと肌で感じることが出来た瞬間、軽くジーンと来てしまった。
 「嘉藤さん。今日は最高でしたね。」エンドー君も今夜ばかりは、軽い感動を抑え切れないらしい。
 「ああ、明日も晴れれば良いな。明日に備えてとっと寝るか。」

 まず、ぼくらは食べこぼしを米粒1つ残さないように焚き火にくべ、残ったご飯と食料を防水バックに入れ、密封 し、それをテントから離れたところに置き、岩の中に隠した(おいしそうな匂いのする、燃えないゴミも同様に。)。熊よけ対策だ。最近は、知床を訪れる心無い人間の残飯やゴミが問題になっているそうだ。ぼくは、そんな心無い人間がシーカヤッカーで、しかも目の前でやられたらショックで泣いちゃうだろうなと思いながらかたづけをした。

 今回使用したテントはマジックマウンテンの1~2人用で、コンパクトなモデルだ。本当なら、もっと大きなテントを使った方が快適なのだが、風が強いかもしれないと思ってこいつを持ってきたのだ。このテントに大人2人が互い違いに横になり、脱いだ衣類などを回りに置くと、テントは、パンパンになる。

 「エンドー君、熊コロリは俺の枕もとに置いとくからな。」
 「ほーい、わかったよー。」眠そうな声がぼくの足元から聞こえてきた。
 寝る前に何度か熊コロリを打つ練習をしたが、不安でしかたがない。熊が出てきたらどうしよう。ウーン眠れぬ夜になりそうだ。などと考えていたらエンドー君のいびきが聞こえてくるではないか。恐るべし、まったく怖いもの知らずだなとあきれていたが、ぼくもそのいびきの音で、体の中のエマージェンシーランプが消えたようで、深い眠りに落ちていった。知床の夜は静かに更けていく。

 明けて、7月2日。すばらしい朝になっていた。無風快晴のすばらしいBlue Holicな朝だ。ぼくは、張り切って朝飯を作った。といっても夕べの残りを焚き火で温めなおしておじや風にするだけだ。朝飯が出来たので、エンドー君を起こす。
 「エンドー君、飯だぞ、起きろ。」
 「んっ、んあーー。おっ、嘉藤さんいい朝っすねー。」お、今日はおっさん化してないなと思ったら、いきなり歯を研きだし、ウオヴォォエーーと、やっている。やっぱりおっさんだ。

 ぼくは、基本的に朝飯は、しっかりと食べる方だ。どちらかといえばご飯派だが、パンも好きだ。まあ、朝はしっかり食べたい。カツ丼でも天丼でも、朝から完食す自信がある。しかし、エンドー君は、朝は少々弱いらしく、あまり食べない。その分ぼくがしっかり食べるので、朝飯は2合ちょっと必要になる(夕べのうちに炊いておく)。

 今日は、いよいよ岬越えだ。漁師さんたちの朝は早く、番屋にはあまり人がいなかったが一宿一飯の礼を言い、スロープをカヤックに乗って滑り降りた。昨日のうねりがうそのように穏やかな海は、軽いタッチでのパドリングでも、艇速がのびる。
 「イヤー,エンドー君よ、気持ちいいなー。」思わず笑みがこぼれる。何かにザマーミロと言いたくなった。
 「気持ちいいね、嘉藤さん。」エンドー君もパドルが軽そうだ。
 1時間ちょいで、通称"海賊湾"に着く。何かの本で、"はなはだ美しい入り江"と読んだので、是非立ち寄ろうと前から二人で決めていたのだ。
kaizokuwan1.jpg
海賊湾入り口「ウーン、謎めいてるぞ。」

 その美しさが尋常でないのは、入り江の入り口に入ったときからわかった。
 「おおー、なんかすげーぞ。」朝日に照らされた海面に20m以上もある崖が影をつけ、その崖の上に樹木が若葉をきらめかせている。なんだかすごく神聖な場所に入り込んだ気がした。ぼくらは口数も少なく、ゆっくりと入り江の奥へと漕ぎ進んでいった。
kaizoku0.jpg
こんなところは、ゆっくりと進んでいくのだ。
kaizokuwan2.jpg
入り江の奥には小さな川があった。
kaizokuwan3.jpg

 ぼくらは海賊湾の美しさにすっかりやられてしまい、入り江の出口で上陸し休憩をすることにした。あまりの天気の良さに、ぼくは、ドライスーツのジッパーを開け、湿ったアンダーウェアーを乾かそうとしていると。エンドー君も暑いのかジッパーを開けてくれと背中を向けた(エンドー君のはバックジッパーなので、自分で開け閉めしにくいのだ。)。

 ジッパーを開けると、なんとエンドー君は、中に綿のTシャツを着ているではないか、しかも襟元や、脇の辺りが少し濡れているだけ。ちなみにぼくのドライスーツは、ナイロンに防水コーティングを施しただけのドライスーツだが、遠藤君のは、中の湿気を外に出す透湿素材が入っているため蒸れにくい。それはわかっている。わかっているがこんな理不尽な事があっていいのか。ぼくなんかドライスーツの足首のゴムを引っ張ると、おしっこでも漏らしたのではないかと思うほど大量の汗が出てきたのに…。

 「アレ、嘉藤さん、びしょ濡れじゃないっすか、どうしたんですか?」クソー馬鹿にしやがって、ぼくは開けたジッパーを閉め直し、「開けてやらん。自分で開ける練習しろ。」と言った。
 「ヒデーヨ、嘉藤さん。いいもんね。俺は知床の海でひと泳ぎして来るから。」
 「アッ、バカ、やめと…。」ザッパーン。頭から飛び込んだエンドー君は、「うひゃー、つめてー。」知床の海は、夏でも泳ぐには冷たすぎるのだ。ウーン、"人間、後先考えず行動するとこうなるのだよ。"という見本のようなやつだな。仕方ないので、助け上げてやった。

 つづく。
【2009/08/21 20:02】 昔話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

アイリッシュシチュー

 アイルランドからやってきた研修生が「アイルランドにはアイリッシュシチューというシチューがあって美味しいですよ。」と言う。
 材料を聞くとラム肉、ジャガイモ、ニンジン、玉葱、などで、ホワイトソースや、デミグラスソースを使っていないと言う。

 先日の焼肉パーティーで余った生ラム肉があったので、イメージだけで作ってみた。
IMGP3787.jpg
 シチューというよりはラム肉を使ったポトフ風スープ。タイムが無かったのでローズマリーを入れてみた。
 手前味噌ではあるが、なまら美味い。
 研修生にこんな感じか?と聞いてみると、もっとドロドロしていて茶色いという。しかし、これはこれで美味いというので、結果オーライ。

 ハーブや味付け、材料を吟味していけば冬のどんころ犬橇ツアーの昼食シチューに使えそうだ。
【2009/08/19 19:08】 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
次のページ

CALENDER

07 | 2009/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ENTRIES

  • 「Round 5」(01/02)
  • 「Round 4」(01/01)
  • 2017元旦(01/01)
  • 「Round 3」(12/30)
  • 「Round 3」(12/29)
  • COMMENTS

  • 管理人(12/07)
  • かいち(12/05)
  • k原(11/27)
  • 管理人(11/27)
  • takese(11/26)
  • 管理人(10/25)
  • K原(10/14)
  • TRACKBACKS

  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【お知らせです。】(04/07)
  • 北海道南富良野のバックカントリーガイド「ゆきのこ」yukinoco Blog:石勝高原(01/18)
  • もりのきBLOG:夕焼けと女の子と激痛と(08/30)
  • WEBの情報缶!:風呂のこと(07/09)
  • 湖の森:(09/29)
  • ARCHIVES

  • 2017年01月 (3)
  • 2016年12月 (7)
  • 2016年11月 (2)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (9)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (4)
  • 2016年03月 (6)
  • 2016年02月 (8)
  • 2016年01月 (14)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (11)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (5)
  • 2015年07月 (2)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (18)
  • 2015年03月 (11)
  • 2015年02月 (14)
  • 2015年01月 (29)
  • 2014年12月 (6)
  • 2014年11月 (15)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年09月 (2)
  • 2014年08月 (4)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (27)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (22)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (8)
  • 2013年10月 (11)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (11)
  • 2013年06月 (10)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (13)
  • 2013年03月 (16)
  • 2013年02月 (23)
  • 2013年01月 (28)
  • 2012年12月 (24)
  • 2012年11月 (26)
  • 2012年10月 (26)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (16)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (16)
  • 2012年05月 (17)
  • 2012年04月 (18)
  • 2012年03月 (17)
  • 2012年02月 (27)
  • 2012年01月 (32)
  • 2011年12月 (27)
  • 2011年11月 (23)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (14)
  • 2011年08月 (13)
  • 2011年07月 (17)
  • 2011年06月 (15)
  • 2011年05月 (9)
  • 2011年04月 (10)
  • 2011年03月 (23)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (25)
  • 2010年12月 (21)
  • 2010年11月 (33)
  • 2010年10月 (31)
  • 2010年09月 (23)
  • 2010年08月 (16)
  • 2010年07月 (20)
  • 2010年06月 (17)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (24)
  • 2010年03月 (29)
  • 2010年02月 (30)
  • 2010年01月 (29)
  • 2009年12月 (40)
  • 2009年11月 (61)
  • 2009年10月 (49)
  • 2009年09月 (20)
  • 2009年08月 (24)
  • 2009年07月 (15)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (17)
  • 2009年04月 (5)
  • 2009年03月 (13)
  • 2009年02月 (13)
  • 2009年01月 (28)
  • 2008年12月 (20)
  • 2008年11月 (25)
  • 2008年10月 (16)
  • 2008年09月 (17)
  • 2008年08月 (19)
  • 2008年07月 (27)
  • 2008年06月 (25)
  • 2008年05月 (24)
  • 2008年04月 (20)
  • 2008年03月 (18)
  • 2008年02月 (18)
  • 2008年01月 (31)
  • 2007年12月 (18)
  • 2007年11月 (55)
  • 2007年10月 (40)
  • 2007年09月 (36)
  • 2007年08月 (29)
  • 2007年07月 (33)
  • 2007年06月 (35)
  • 2007年05月 (34)
  • 2007年04月 (39)
  • 2007年03月 (32)
  • 2007年02月 (30)
  • 2007年01月 (32)
  • 2006年12月 (33)
  • 2006年11月 (43)
  • 2006年10月 (15)
  • 2006年01月 (4)
  • 2005年12月 (7)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (4)
  • 2005年09月 (13)
  • 2005年08月 (5)
  • CATEGORY

  • 未分類 (238)
  • シーカヤック (420)
  • パドリング (77)
  • 波乗り (19)
  • 酔いどれ通信 (88)
  • 股旅 (250)
  • 料理 (246)
  • 麺喰い (130)
  • 素人大工 (63)
  • 新人農家手伝い (30)
  • デメンさん (32)
  • おもちゃ (64)
  • 冬遊び (376)
  • ダイエット (1)
  • 北国生活 (195)
  • 昔話 (7)
  • トレーニング (27)
  • お知らせ (60)
  • LINKS

  • シーカヤックスクール&ガイドBlue Holic
  • 阿寒にくればいいべさ。
  • カワガラス釧路川日記Ⅱ
  • 風景画のblog
  • 島の風が恋しくなったら
  • ケラマ順二のブログ
  • Jogo式 Canoe Life
  • 雪がらみ
  • 利尻はなガイド
  • タキノ農園
  • 半農半芸的生活って!?
  • h2oアドベンチャーblog
  • どんころ野外学校
  • 管理人ページ
  • INFOMATION

    Blue Holic嘉藤

  • Blue Holic嘉藤
  • コーラはスポドリ!
  • 管理者ページ
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。